映画「白夜行」  -924-

画像

なかなかインパクトのある映画でした。
主演は掘北真希、可憐(そう)な高校生役から、匂いたつ気品のある大人の女性までを演じます、美しいです。

映画チラシの文言・・、「殺したのは、心」「これは罪なのか」・・ナルホドとは思いますが、もう少し気の利いたキャッチが欲しかったところです。

スタートは質屋店主の殺人事件、なにかウヤムヤな結論で終結します。
その後の19年間の物語です。映画の最初の頃は、何かゴチャゴチャしたストーリーで、よく理解できません。その内に分かってきてコワクなります。

東野圭吾原作です、文庫本でも、分厚いです。
画像

本を持っているのですから、当然、読んだのでしょう、でも、いつものように内容はスッカリ忘れていました。
なので、映画は十分に楽しめました。

原作は推理小説ですから何も書きません、映画は面白かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぴあの
2011年02月01日 20:40
本当によく映画を見に行かれるのですね~ 私はどうも疲れてしまうので 余程でないと行きません。
最近はもっぱらビデオを借りてきて見てます。このよい点は 何べんでも見れること。映画によっては 確かにはじめのあたりは なかなか理解しにくいところがあって2回見るとちゃんとわかります。年をとった証拠でしょうか!
ただし、流行からは遅れてしまいますけど・・・。
2011年02月03日 08:37
映画館に行こうかビデオまで待とうか迷っていました。こわい映画は苦手ですが、堀北真希をみたいです。劇場でみるのは、おおよそどんな映画でもワクワクしますね。
私は洋画に偏っていますが、この頃はぴあのさんがおっしゃるように2回みなくちゃよくわからないことがあります。2回みてもわからないのがありました(^_^;)
人生ゆっくり
2011年02月03日 20:45
ぴあの さん
そうですね・・、映画を観る方法は、いろいろあります。
大昔、三条河原町近くの映画館で「70ミリ」の「アラビアのロレンス」を観て以来、大画面・大音響が好きになり、退職後は・・ハマッテいます。

アールグレイ さん
一回、観て・・よく分からないのは、しょっちゅうです、でも、よく分からない「余韻」も、いいと思っているのですけど・・。
白夜行の本、また読もうかなと思っているのですが、あまりに厚い本ですから・・考えどころです。
2011年02月13日 21:14
私も原作は読んだはずなのですが、さっぱり思い出せません。読んでる時は面白いと思って読んだはずですが・・・
人生ゆっくり
2011年02月14日 17:07
これはコワイけれども、面白い物語ですね。
本と比較すれば、目に入った映像のインパクトがありますから、映画のほうが記憶に残るように思います。

この記事へのトラックバック