演奏会、そして次・・  -925-

なにか、前川清の歌みたいなタイトルですが・・。
画像

わが男声合唱団の演奏会は、つい先日だったのですが、通り過ぎてしまうとアッという間に「過去の出来事」になってしまいます。
ある団員の方に、当日の写真を送っていただきました、こういうのを見ると、ある感興が沸きあがってきます。
画像

今週末からは、次回演奏会の曲に取り組みます。
まずはタダタケ、先日の会場アンケートでも、「多田武彦は・・もういいのでは・・」と書かれていた方もおられたようですが、指揮者も私たちも、皆んな好きなのです。
次回は「雪明りの路」です。
画像

もう一つ決まっているのは、人気絶頂の信長氏の曲です、この作曲家も3回連続・・、常任指揮者のお友達でもあるようです。
それぞれに面白い曲だとは思いますが、正直、私は、この方の曲は好きではないです・・。
画像

あとは未定ですが、「愛唱歌集」のほかに、ハイドンかシューベルトらしいです。
演奏会は、一年後の1月29日です、なかなか厳しい練習になりそうです。

この記事へのコメント

かおたいまきしん
2011年02月03日 07:43
ステージ写真というのは乗った人にはいつ見ても楽しいものですね。
○○氏の曲は高校生の大会でも並んでいましたが、歌うには面白いかもしれないけど聞いて印象に残るものが少ないですね。
人生ゆっくり
2011年02月03日 20:51
○○氏の曲、本当に大ブームですね、昨年Nコンの審査員もやっておられ、当地の合唱祭の講評者としても来ておられました。
お話しを聞くと、本当に、よい方のようですけど・・、「曲」が嫌いなのは仕方ないですね。
ところで、お元気ですよね・・。
2011年02月08日 13:31
タダタケというんですね。(^^ゞ
男声合唱というと、一番に思いつく名前ですね。
やっぱり、良いものはいいですね。
団員の方もたくさんいらっしゃるのですね。
これなら、素晴らしい男声合唱が聞けそうです。
人生ゆっくり
2011年02月09日 05:36
昔は、そんな呼び方はしなかったですけどね・・。
混声合唱団の男声パートは、人数を集めるのに苦労されているようですが・・、当団は順調に人数が増えています。

この記事へのトラックバック