映画「RAILWAYS」  -1072

画像

「RAILWAYS」シリーズの第二作です、副題には「愛を伝えられない大人たち」とあります。私なら「愛は伝わる・・」としたいところですが、それではバレバレですね・・。

実力派俳優が、がっちりと手を組んだ安定感のある、ステキな映画だったと思います。

前作は中井貴一が45歳にして、電車の運転手になるという奇想天外(?)な物語でした。
今回は、42年間、地道に電車運転手を勤め上げてきた男が、定年直前の時期に、様々な出来事に遭遇するという物語です。

主演は三浦友和、落ち着いたいい役者になりましたね、その妻は余貴美子、最近、大女優なみの風格が出てきました、私は大好きです。

男は定年を機に落ち着いた家庭生活を過ごそうと考えています。一方の妻は、ズッと以前から抱いていた看護師への復帰を強く望んでいます。
定年というのは、人生の中でも大きな節目ですから、それを通り過ぎてきた私には・・、それぞれの思いが、よく分かります。

この映画には「悪い人」は誰も出てきません、こういう映画は、落ち着いて観れますね・・。

前作の地方鉄道は、田舎に近い島根県の一畑電鉄でしたが、今回は富山地方鉄道でした。前作では京王電鉄車両の第二の人生が描かれていましたが、今回も西武のレッドアロー号が登場していました。
昨日の夕刊の、この記事は、この映画ゆえの掲載だったのでしょう。
画像

前作もそうでしたが、映画館の大スクリーンを、一両や二両編成の電車が、「右から左へ、左から右へ」・・、何度も駆け抜けていきます、元「旅好き人間」にとっては、たまりませんでした。

第一作には三浦友和の息子が出演していたと思います、今回は親父、とすると第三作には・・、華麗に復活「山口百恵」・・、夢のような風景ですけど、それはムリでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック