エイトピーチェス  -1552

私の住んでいるところからは、東京は少し遠いですが、浅草は確実に遠いです。
何回かの乗換が必要で、なんとなく行くにはメンドウクサイところです。

そうは言っても何度か出かけてはいます。
「国技館5000人の第九」練習の時は、早めに出かけて、周辺をぶらついた後、練習に参加しました。浅草寺も4~5回くらいは行ったことがあるでしょうか。
でも、50年も神奈川県に住んでいるわりには・・少ないですね。

「浅草ビューホテル」の広間で開催された講習会に参加したことがあります。その時、ここが、昔の「国際劇場」の跡地に建てられたものだとは知りませんでした。

田舎でノンビリと暮していた私の「ご幼少の砌(みぎり)」、テレビの「シャボン玉ホリデー」のファンでした。ザ・ピーナッツの可憐な司会と歌、今は懐かしいギャグ、そして「エイトピーチェス」↓の、キレのいいダンスと色気、よかったですね。
画像

就職した頃は、「国際劇場&SKD」はありました、大いに関心がありましたが、一度も行ったことがありません・・、今も後悔です。
当然、ラインダンスも見たことがありません。
画像

この画面を見ますと、よく言えば「健康的」ですが、「太い・・、ダイコン・・」、昔は、そんなんだったのですね。
ステージは大きく振動していたことででしょう。
でも私には、細すぎる女性よりも、こちらのほうが好ましいかも・・。
画像

テレビ放映の画面を勝手にお借りしましたが、当時は、西の「宝塚」、東の「松竹」という雰囲気だったのでしょう。
「バレエ」のステージもあったようです。
画像

最後は宝塚に匹敵する大階段・・、「中小」階段ですね。
画像

緞帳には、懐かしの「ナショナル」の文字・・。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック