「抜き打ち」・・? -1581

「抜き打ち」の意味について、ある辞書には、こう書かれています。
「「なんの前触れもなく事を行うこと」

別の辞書「予告せずに急に行うこと」、更に別の辞書「不意に行うこと」、誰だって、それくらいの意味は知っています。
ところが新聞に、こう書かれていました。NHKも同様に報じていましたが、この表現には本当に驚きました。
画像

軽井沢でのスキーバスの事故、全員が若者たちでした、本当に痛ましいです。私も若い頃、よく夜行バスでスキーに行きましたので、他人事とは思えません。
原因は徹底的に追及して欲しいです。

ところが、上の新聞記事・・です。国交省が『抜き打ち』の「監査」を実施するとのこと。
監査は、当然やって欲しいですが、サテ、この場合の「抜き打ち」とは、どういう意味なのでしょうか。

冒頭に辞書の表現を記しましたが、こういうのは「抜き打ち」とは言わないのではないでしょうか。NHKや新聞社が知らぬわけがありません。
国交省が発表した表現を、無難に、そのまま使ったのでしょう。

「過去に問題があった約100社」「監査項目は・・云々」、100社はどこか決めていませんが、問題がありそうな各社に『突然』監査に行きますよ、期日は未定です。
若し貴社に問題があるなら、それなりの準備をしておいて下さいね・・。

そう言っているとしか・・、私には思えません。
黙って(=抜き打ち)監査を実施して、問題を早期にあぶり出して欲しいものです。こんなイイカゲンなやり方、13人の若者たちは、怒っているのではないでしょうか。

この記事へのコメント

2016年01月21日 12:23
前途有為な青年たちが亡くなったのは、本当に心が痛みます。

予告したら抜き打ちになりません。
事件、事故が起こってから対策を講じたり、監査をするというのは、行政の怠慢です。
2、3年で職場を変わり、その間事故がなければ良いと無作為に過ごすことが無難というのが、お役所仕事なのでしょう。

民間でも隠蔽、横流しなど事件が明るみに出たのが氷山の一角でないことを祈りたいものです。
人生ゆっくり
2016年01月21日 15:14
私が一番驚いたのは、NHKや大新聞が、何のコメントも付けずに「抜き打ち」と報道したことです。
マスコミ大丈夫でしょうか。

業界団体に加入していたら、「抜き打ち」検査の情報が入ってくるなんていうこともあるようです。こういったドロドロとした世界はイヤですね。
アールグレイ
2016年01月21日 17:05
若いころ、デパートに勤めました。裏階段の防火扉の脇などには、商品の段ボール箱が山と積み上げられていました。消防の検査が入る前日には、どこかに移してありました。後になってみると、こういうことから”大人”になった気がしました。
パートに出たときにも、ただの一度も本物の抜き打ちはありませんでした。政治家の責任のなさと通じているように思えてなりません。
2016年01月21日 17:21
官製発表をそのまま疑問を持たずに載せるのは、記者クラブの存在が理由かもしれません。
十分取材しなかったり、資料も調べずに安易に記事にしてしまう傾向が伺えます。

A新聞とN新聞記者OBとお付き合いがありますが、嘆いておられます。執筆記者が間違っても校閲が見つけて直す。印刷された新聞で間違えに気づいたら以降の版で修正するという二重、三重のチェックを潜り抜けてしまうことが散見されるのだそうです。
A新聞も毎日のように訂正の囲み記事があります。
レベルが落ちてきたのでしょうか?
人生ゆっくり
2016年01月22日 09:52
アールグレイ さん
「全て摘発していたら、いくら人手があっても足りない・・」なんていいそうですね。
こと「安全」にかかわることについては、「人手」をかけて欲しいものです。

loafer さん
さすがプロだと思う記事も沢山ありますが、「突っ込み不足」と思う記事も多いです。
新聞社などでも、上司や先輩たちが、「口うるさく」なくなってきたのでしょうか。
ぴあの
2016年01月24日 17:58
とうとう若者の命が失われたこと、親御さんの思い、本当にお気の毒としか思えません。

テレビで「抜き打ち」の様子が写ってました。
こんな「抜き打ち」でもバス6台中5台に不備があったようです

それにしても廃棄物の横流し、杭の改ざん等々、いったい日本人はどうなってしまったのでしょう。海外の旅行者のコメントなどでは「素晴らしい日本」って記事が多いのに…恥ずかしくなります。
ぴあの
2016年01月24日 18:00
「とうとう」じゃなく「尊い」です。失礼しました。
人生ゆっくり
2016年01月25日 09:30
一つの原因は「政治の劣化」ではないでしょうか。
昔の政治がよかったとは言いませんが、国の中枢の政治・政治家が、あの体たらくでは・・。「よくないこと」は、皆が真似するものです。

この記事へのトラックバック