JR料金  -1622

画像

「ツアー旅」以外では、近年、新幹線に乗ったことがなかったのですが、このところ所用があり何回か新幹線に乗りました、変なことに気づきました。

区間は同じ「橋本~大阪市内」の料金です、その金額をみてください。
多分、その理屈はあるのでしょう、でも、こういう料金の違いは、どう説明されても納得できません。

JR東日本とJR西日本は別会社ですし、乗った新幹線はJR東海です。「理由は多分あるのでしょう」が、それは「へ理屈」というものです、そして、こういうのを「理不尽」といいます。

「仕組み」を了知されている「JR社員」の方が当然と思われても、「ド素人」たる私には、全く理解できません、少額とはいえ「怒り」すら覚えます。
同じ区間を乗車した料金は、「同額」が当然でしょうに・・、昔の国鉄の時は同料金でしょう、当たり前です。

それが一般庶民の思いです。
こういう時の場合、「高い方とする」「低い方とする」、どちらとしてもいいのです・・、絶対に「同じ料金」とすべきです。コンピュータが進化している時代です、何とでもできるハズです。

「おかしい」と思う感覚、そして「それを何とかしなければ」と思う感覚、そんな当たり前の感覚が欠如しているということなのでしょうね。

ツアーでは新横浜駅から途中乗車します、横浜線で新横浜までのキップを買っていても、それは「JR東日本 新横浜駅」までの乗車券であり、新幹線ホームに入るには「JR東海 新横浜駅」への入場券が必要です。

係員の対応も「それがルール、別会社だから・・当然」という雰囲気です。何か国鉄時代の「親方日の丸」的な雰囲気が、徐々に復活してきているようにも思え、何か心配です。

何にしても往路・復路の料金が違うのは、おかしいでしょう・・。
ブンブン・・です。

この記事へのコメント

あらかわもの
2016年05月24日 16:13
はじめまして

JRの特急料金には繁忙期、閑散期、通常期にて料金の違いがあります。
繁忙期:特に混むとき、正月など 通常期+200円
閑散期:混まないとき、2月などの月から木曜日 通常期-200円
通常期:それ以外

今回の場合 2月14日は通常期、2月18日が閑散期になり200円の差が生じます。

人生ゆっくり
2016年05月30日 08:32
そういうことですか、知りませんでした。
聞いてみれば、スグに分かることでしたね。ありがとうございました。
2016年06月17日 07:28
はじめまして。
お怒りのお持ちは、よ~くわかりますよ。
金額が違う理由は上のコメントを書かれた方がおっしゃるとおりですが、そもそも一般のお客さんはそんなことご存じのはずがなく、お客様に疑念を抱かせるサービスとは⁇?と思いますよ。この制度は国鉄時代に作られました。
申し遅れましたが、私は国鉄時代に車掌をしていまして、同じようなご質問を乗務中に受けたことはよくありました。納得しかねるが、そういう制度ならしかたないかというお客さんがほとんどでしたが、「昨日と今日とで値段が違いますなんて、オマエんとこは寿司屋か‼!」と言ったお客様もありましたねえ(;^ω^)
人生ゆっくり
2016年06月17日 17:01
ありがとうございます。
知らなかったゆえの「記事」でしたので、削除しようかなと思っていたところでした。
そうですか国鉄時代からあったのですね。考えてみればオフシーズンは「安く」する方策は、当然のことです。
ただ「シーズン料金」「オフ料金」とかの印字があって、なにか違うらしいという思いがする「何らかの方法」があってもいいですね。
「寿司屋」には笑いましたが、最近、理不尽な駅員への暴力が増えているそうですが、手は出されなかったですか・・。