重版出来  -1626

画像


最近のテレビドラマは、8回くらいで終わるように作られているようです。この春も、沢山のテレビドラマがスタートしました。
「テレビ大好き人間」の私は、興味ありそうなドラマの「初回」は、一応、観ました。

その中での出色のドラマは、これでしたね。
実に面白くて、興味津々のドラマです。
主演の黒木華が先ずいいです、将来、国民的女優となる資格「十分」の女性だと思っていますが、このドラマでの役柄も実にイイです。そして芸達者な脇役陣が、これまた好演しています。

出版社のマンガ編集部が舞台です。
「じゅうはんしゅったい」という言葉を私は知りませんでしたが、パソコンで一発変換できました。「知っている人は、知っている」という言葉のようですね。

マンガ界の様子が、様々に描かれます。出版社の内情、書店の状況、漫画家を取り巻く環境、どれも知らないことばかりで興味がつきません。

紙の本が低迷している中、マンガも売るためには、生半可なやり方は通用せず、アイディアが求められるのは当然です。
初回の放映では、旅をテーマにしたマンガを、マンガコーナーの他に「旅関連本」のコーナーに置いてもらうことから、そのマンガの快進撃が始まりました。

ストーリーの展開が・・納得できるのですよね。
このドラマも、回数を重ねてきていますので、もう少しで終わると思いますが、一度だけでも、観てやってください。
いいドラマだと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック