近江八幡  -1678

近江八幡へは安土城址を見た後、一駅電車に乗って行ったのですが、あとで地図をみたら、歩いて行ける距離だったようです。

事前に「琵琶湖・近江路」というガイドブックを購入して、今回旅の出発前パラパラとめくってみました。「水郷」のある町がいろいろとあるようで、どこに行こうかと迷いましたが、近江商人で名高い、この町にしました。

八幡堀界隈までは、少し距離がありましたが「歩けそうなところは歩く」という信条なので・・、当然歩きました。
30分くらいだったと思いますが、ただ行きはともかく帰りの道は、少し疲れました。考えてみたら午前中は「安土山」に登りましたから・・。
画像

画像

八幡堀の遊覧船、ムードがあります。
この写真↓を後で見て、「そうか」と後悔しました。この船の客、外に出て景色を見ていますね。私は屋根の中の一番前の席でしたから、そういうことも出来たハズです。
そういえばシートが敷いてありました、本当に残念・・。
画像

私は、こういう船に乗ったのは初めてでしたが、よかったです。
水面に、可愛い花が咲いていました。
画像

こんな写真は、船に乗らないと撮れませんね。
画像

大きい寺も見えました、下船後に行ってみようと思っていたのですが・・、つい忘れてしまいました。
画像

日牟禮八幡宮、なかなか立派です。
画像

この神社の近くにロープウェイがありました。
画像

琵琶湖を眺めるビューポイントでした。
画像

山頂には、あの豊臣秀次の居城があったそうです。秀次は「真田丸」では、定評の残忍な人間とはなっていませんが、気の弱い少し情けない人物でしたね、小早川秀秋と同様、多分そういう人物だったのでしょう。
いずれにしても「戦国に生きる」大名ではなかったかも・・。
画像

でもロープウェイ駅には、こんな微笑ましい張り紙がありました。
画像

町の一角は、いい雰囲気です。
画像

画像

公開されている旧家の中からの、こんなながめはいいですね。
画像

正面がロープウェイのある八幡山です。観光パンフによく使われているアングルのようです。
なかなか、いいところでした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アールグレイ
2016年11月10日 06:14
写真の中に自分を立たせてみるのですが・・・・
同じ場所に2日間くらい滞在して、遊覧船に乗ったり、町の中をぶらぶらしたいです。
大河の秀次は優男でしたね。
先日、京都の人と東京の人?では京都の人のほうが歴史に強いとテレビでみました。同感ですが、バラエティ番組でしたので・・・歴史も他も音痴ですが、年をとって楽しめるようになりました。
人生ゆっくり
2016年11月10日 16:52
私も最近は「ツアー参加」が多くて、こういう旅は珍しいです。
前の晩に、「サテ明日はどこに行くか・・」なんてガイドブックを見ながら考えるのは、本当に楽しいです。
こういう旅、なかなか出来ませんけど・・。

この記事へのトラックバック