阿寒国際ツルセンター -1864

ここの施設の名称には少し違和感がありました、「国際」というのは少しオーバーでは・・ ?
世界中に、このような施設は「ここだけ」という矜持なのでしょうね。
画像

ツアーの日程表には「道の駅阿寒丹頂の里」とありましたので、インターネットで調べたら、かなり規模の大きい「道の駅」だと分かりました。
ところが実際に立ち寄った施設は、ここでした。
「道の駅」は近くだったようですが・・、ツアー会社「どちらにしようか最後まで迷った」ということでしょうか・・???
画像

近いところで丹頂が見れるのは、貴重です。思っていたよりも小柄でしたが、優雅な姿はサスガだと思いました。
画像

ここの丹頂は羽根が切られていて飛べないそうです、これは可哀そうです。
でもここに丹頂がいないと立ち寄る人はいませんね、難しいところです。
画像

50年前の旅、知床五湖に向かうバスから、雪原の丹頂を見たことがあります。路線バスでしたが、一時停車してくれました、5~6羽いたと思いますが、降雪の中での姿は本当に美しかったです。

このセンターは、絶滅対策の一環で「冬期の給餌場」ともなっており、時に200羽もの丹頂が飛来するそうです。
画像

冬は厳しいでしょうけど、沢山の丹頂の姿は、見てみたいですね。
画像

この日は気持ちの良い天気で、ここに立ち寄ってよかったです。
画像

館内掲示の写真
画像

テレビにも、ここでの冬の光景が登場しました。こういう時季には、なかなか行けませんね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年11月02日 10:27
丹頂鶴を まじかに見ることが
出来て 良かったですね。
雪の中に立つ 丹頂を 見てみたい
です。きっと感動するでしょうね。
人生ゆっくり
2018年11月02日 14:45
50年前に見た姿は、今でも思い出すことができます。
「別格」の鳥ですね。

この記事へのトラックバック