ハーモニカ演奏会 -1867

合唱団仲間の方に、このコンサートのことを聞いて、何故か分かりませんが突然・・「聴いてみたい」という思いにかられました。
画像

ハーモニカを愛する人は多いようで、私の住んでいる地域にも10数人のハーモニカバンドがあるそうです。
「ハーモニカ」から想起してくる私のイメージは、こういうのです・・・

大分県竹田市は滝廉太郎の生誕地です。結構、急な道を上ると、私が日本の城で一番好きな「岡城跡」があります。
城跡の一角にボタンを押すと「荒城の月」のメロディーが流れてくる石碑があります。
この場所で、しんみりとした気分で、この曲をハーモニカを吹くと、楽しいかな・・と思いました、城跡には私の他には誰もいませんでしたしね・・。

前置きが長いですね・・、ハーモニカの「ビッグバンド」に興味が湧いた理由の一つです。
今回の演奏会は、札幌からの団体を加えた6団体のジョイントコンサートでした。

初めて体験する演奏会でした、「初体験」というのは、この歳になると、そうそうある出来事ではないので、この意味でも楽しかったです。

何十年も吹いていないのですが、戸棚に中学生の時以来、なんとなく保管しているハーモニカがあります。複音ハーモニカというのでしょうか。
クロマチックというのがあるらしいですね。プログラムをみると双方の楽器を使っておられるらしいです。それぞれの団体には個性があり、それも興味深かったです。

ハーモニカだけで演奏する団体、その他の楽器も加えて重層的な曲づくりをしている団体、それぞれ魅力がありました。
曲目は身近な曲が多かったです。

各人にマイクが設置されていましたが、大ホールなので仕方ないでしょう。スピーカーから出てくる音に、(音楽会としては)少し違和感がありましたが、その内に慣れました。

団体によっては、音のバランスに「?」と感じるところがありましたが、6団体のジョイントで、十分な調整時間がとれないので、やむを得ぬことでしょう。

演奏会後に思ったのですが・・
我らが「合唱」もそうですが、聴くよりも「ステージで演奏する」ほうが、断然楽しいだろう・・と思いました。客席の皆さんには、申し訳ないことですけど・・。

今日は地元の「合唱祭」です。来年の演奏会のために練習している曲を歌いますが、仕上がり途中なので、どんな演奏ができるか・・ちょっと心配です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2018年11月12日 09:03
ハーモニカって 一人で 演奏する
ものだと思っていましたが
大勢での 演奏は 迫力があって
素敵でしょうね。
合唱祭 がんばって~ください!
2018年11月12日 09:27
はるばるご来聴有難うございました。出演団体が増えたこともあり、午前中に試演とマイクチェックはしたのですが、音響管理は難しいようです。
入場料が高めなのは、音響の費用が掛かるためでしょう。
五線譜と数字譜を併用していますが、リズム感を養うことで、合唱にも役立っています。
人生ゆっくり
2018年11月12日 16:31
フラバーバさん
なかなか興味深い演奏会でしたよ。
機会があったら一度、聴いてみてください。

loaferさん
楽しい演奏会でした。
演奏者は皆さん一生懸命でしたが、これは合唱団も
同じですね。
アールグレイ
2018年11月14日 15:13
ハーモニカやオルガンには、郷愁を誘われます。

短歌も、歌集を読むより詠む方が断然楽しいです!
人生ゆっくり
2018年11月14日 16:25
音楽にも幅広い分野があると再認識しました。
「読む」より「詠む」ですか、やはりですね。

この記事へのトラックバック