映画「マスカレードホテル」 -1892

画像

東野圭吾原作です、面白くないわけがありません。
映画の内容も、かなり凝ったものになっています。

テレビドラマだと主役級の俳優が次々に登場します、贅沢です。こんなチョイ役でも「映画」には出るのですね。

キムタクは優秀な刑事のようですが、癖が強いのがやや難・・。次の殺人事件が起こると推測された豪華ホテルのフロントマンとして配置されます。
長澤まさみは、フロント業務の「指導役」です。この映画でも長澤まさみ・・はいいですね大好きです。

たぶん「一流ホテル」でも、そういうことはあるのだろう・・ナ、と思われる理不尽なことが次々に出現します。
難癖をつけて部屋のグレードアップを要求する男、巧妙に夫の不倫を確認する女、「しゃあしゃあ」とした有名人の逢引き、こんな日常ですと、本当にイヤになってきますね。

誰が「犯人」か全く分からないですから、正に雲をつかむような話です。
ホテルでは「皆仮面をかぶっている」、そういった人々が横糸で、縦糸としての何本かのストーリーが紡がれます。

公開後、間もなくの映画ですから、ネタバレはご法度ですね、この日も、多くの観客でした。
面白い映画でしたよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック