湯布院 -2002

わが心友の「I」さんが、ブログにコメントしてくれました。
どうして湯布院が、私が行った場所の中での「観光地ワーストスリー」なのか・・?
あれだけの人気の観光地・・なのに、の疑問でしたのでしょうか。
IMG_4445.JPG
山の麓の湯けむりをあげる景色は、とても情緒があります。
温泉は別府に次ぐ湧出量だそうで、泉質も申し分ありません。
様々な町おこしのイベントもやっていて、よくテレビにも取り上げられます。

いいんですけどね・・
初めてツアーで行った時は、バスの最前列でした。
オプションの「民芸村入場」の希望がとられましたが、申込者は5~6人。ガイドと添乗員のヒソヒソ話「民芸村に行かなくて、この人たちは、どこに行くのでしょうね」。

湯布院には私はノスタルジックなほっこりとした風景・風情を期待していましたので、「民芸村」なるものには全く興味をそそられませんでした。
「見どころの少ない町」「印象に乏しい町」・・私の感想です。

この地には、どういうアンケートかは知りませんが、日本旅館の全国ナンバーワンという格付の「有名な亀の井別荘」があります。
泊まったことはありませんが、いい雰囲気があり土産物店や喫茶コーナーもあり、湯布院に行った時は、金鱗湖の近くということもあり、必ず立ち寄ります。
IMG_4455.JPG
ところが・・です、この時のガイドの説明・・。全て「離れ部屋」で、食事するにしても風呂に入るにしても、「誰にも会わずに行けます」、なので「不倫旅館」とも言われているようですよ・・。
面白くオカシク紹介したつもりでしょうが、天下のこの旅館を、こんなふうに紹介してはいけません。
亀の井別荘とは、何の関係もありませんが、少しだけ怒りました。(でも有名人の宿泊も多いようですから、そんなことも・・あるかもしれませんけど・・)
IMG_4461.JPG
↑そしてスグ近くの金鱗湖です、唯一の観光ポイントといっていいでしょう。豊富な温泉が流れ込んでいて、湖面に霧だか靄が立ちます。早朝であれば更に幻想的な光景だそうですが、なかなかそういう時間に見に行くことは出来ません。
数年前のツアーでは、朝食後すみやかに行きましたが、写真のような感じでした。すでに中国・韓国のお客様が沢山・・、この人たちの印象は、どうだったのでしょうね。
あちらの格安ツアーのポイントは「入場料無料施設」ですから、その意味では好適地なのかも知れません。

なによりも「いけない」のは、中心地に形成されている「原宿の竹下通り」のような雰囲気のエリアです。
若い女性たちには、大人気の場所のようですが。
でも、なんでしょうねあの雰囲気、湯布院にあんなものがある必要は、私は全くないと思っています。

「いい宿に泊まって」「美味しい料理を食べ」「豊かな湯に身をゆだね」、極楽ですね。でも宿を出て、どこを「そぞろ散策」するのでしょうか・・。
城崎とは、街づくりのコンセプトが真逆のようです。

インバウンドのお客さんが激減して静かな雰囲気になっていることでしょうが、商売としては大変でしょう。頑張って欲しいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

loafer
2020年03月05日 08:53
行ってみないと分からない点が色々あるのですね。
人出の多いところ、都会的な施設のあるところよりは、温泉地はひなびたところが好ましいです。
行きたいところは沢山ありますが、家人の健康状態もあり、なかなか出かけられなくなってしまいました。

人生ゆっくり
2020年03月05日 10:02
いろいろと「人気」のほうが先行しているということでしょうね。
随分とユッタリ日程のツアーもありますよ。