「ワーストスリー」 あとの二つ -2005

先日の記事で、私が旅した中での「ワーストスリー」の一つは湯布院だと書きました。
ついでですから、あとの二か所のことを書いてしまいます。

とうぜんのことですが、私がツアーに参加した断片での感想です。私が見てない「いい風景」は当然あると思います。
「四万十川の川下り」
IMG_7850.JPG
沢山の観光船、堂々たる観光地です。
でも、これらの船は広い河口付近をグルグルまわっていました。これは「川下り」ではないです、「川回り」です。

これだけでは、いくらなんでも、ということなのでしょう。待機していた漁師が投網の技術を見せてくれました。
上手でしたけどね・・。
IMG_7861.JPG
とても少ない魚も見せてくれましたけど、涙がでるくらいの収穫でした。
IMG_7856.JPG
昔、ブログのない頃、PC上に、意見交換サイトがありました。高知県の人に「四万十川はあこがれです」と書いたら、どうして皆さんが、あの川に興味を持っておられるのか全く「理解できません」と返答されました。

その時の記憶がありましたから、サテ実際は・・と思っていましたが、案の定でした。
もっと上流の沈下橋あたりの「川下り」をすれば、別の印象もあったかもしれませんが・・。
ここは全くお勧めできません。
IMG_7879.JPG
三つ目のワーストは北海道の釧網線(釧路--網走)です、ノロッコ号の写真とともに観光バンプによく登場しています。
数十年前に初めて行ったツアーで、どこだったかは覚えていませんが、釧路湿原をのぞむ展望台に立ち寄りました、ところが釧路湿原には遠い遠い場所で、その広大さは全く感じられませんでした。

釧網線はその釧路湿原に隣接して走行しているということでしたから、とても期待していました。
ところがこんな景色↓の連続で、釧路湿原の雰囲気はどこにもありませんでした。
IMG_3028.JPG
塘路駅近くで、チラッと、こんな風景も見えましたが・・。
でもこれも釧路湿原の風景ではないですね。
IMG_3033.JPG
旅行会社のパンレットを見ると、ノロッコ号の向こうに圧倒的な湿原の風景が広がっています、例外なく上空からの写真です。
釧網線からは見えない風景です、全くの「印象操作」で、インチキまたはサギと言わざるを得ません。

私のブログの、よき訪問者であるFさんは、湿原内の遊歩道を歩かれたそうです。そういう経験があると、別の印象をもたれているのでしょうね。
こんな駅に途中下車して近くを散策することができたなら、また違った印象になったのかも・・。
左の方に上に上る道か階段があるようです、釧路湿原を見ることが出来る展望所があるのかもしれません。
IMG_3034.JPG
全国いろいろなところがありますが、「旅」は・・楽しいと思います。
ただコロナ・・ですよね、おさまるのは何時になることでしょうか。日々ボンヤリとツアーパンフをながめています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

loafer
2020年03月16日 17:28
評判はやはり作られているんですね。
コロナ騒ぎで外出も憚れる今日この頃ですが、先週、甲斐路の温泉に行った方の話では、乗り物はガラガラ、宿も空いていて歓待してくれたそうです。
人生ゆっくり
2020年03月16日 17:42
多少の「誇張した」表現は、あっていいでしょうけど、ノロッコ号の写真のようなインチキはいけないと思います。
いま観光地はガラガラでしょうね、頑張って行ったら歓待されることでしょう。サスガに今回、私は出かける気持ちには・・全くなりません。
アールグレイ。
2020年03月17日 09:20
深いワーストですね
アールグレイ
2020年03月17日 09:24
追伸
時計台を初めて見たとき、がっかりしました。
人生ゆっくり
2020年03月17日 10:59
だいたいにおいて「期待」が大きすぎると、ダメなことが多いようです。
2020年03月18日 10:42
四万十川 で 川下りが出来たんですね。
私は もう少し上流だったように思いますが
確かに 水の流れは 澄んでいて 美しかったですが
タダ それだけの記憶しか残ってないです。
沈下橋 渡りましたよ。ただそれだけです。
私たちは ほとんど マイカーですので パンフレットに
乗っているような 駅 列車の風景に 憧れます。
それも 期待はしない方がいいのかもしれないですね。
久しぶりに 旅行に、、と思っていたのに 淋しいです。
そして 孫の 春休みの旅行も禁止してしまい 
少し 気が重いこの頃です。
人生ゆっくり
2020年03月18日 18:01
本当は、マイカーでの気ままな旅が最高ですね。北海道全土を旅されたとのこと、私が知らない景色を沢山ご覧なったことでしょう。
沈下橋も渡られたのですか、景色はともかく貴重な体験でしたね。運転が苦手、これからも長距離ドライブはムリで、コロナが収束した後、ツアーで、どこかに行きたいと願うばかりの昨今です。