礼文島観光  -1433

ツアー2日目は礼文島観光でした。
天気はよくありません、そして、どこも「強風」でした。

この写真は、朝の散歩の時に撮りました。
左は礼文島で泊まったホテル、右の茶色い建物は役場、フェリーターミナルは更に右にあります。
画像

ホテルの窓からのフェリー入港の写真。
画像

画像

礼文島、最初の観光地は「北のカナリアパーク」。
映画のために造った校舎で観光施設として保存されています。
画像

実はこの写真(↑)の正面には、利尻富士がドーンとあります。なので、映画を観た時、この地は礼文島だとスグ分かりました。
画像

校舎(?)内には、いろいろなものが飾ってありました、廃校になった小学校から移したものも沢山あるそうです。
画像

こうみると、なかなか豪華な俳優陣だったのですね。この映画は観ましたが、心がホッコリする映画でした。
画像

その場所からの風景ですが、島とは思えないくらい広々としていました。
画像

澄海(スカイ)岬、透明度が高くて美しい海だそうですが、強風が吹き荒れていました。
冗談ではなく、私は、こんな強風に身を晒したのは初めてでした。
画像

画像

左の方の岩は、柱状節理でした。
画像

何とも凄まじい風でした、後のスコトン岬と同様、これは永遠に記憶に残ることでしょう。
画像

画像

画像

この辺りも、時期が時期なら高山植物があるそうですが、今の時季では・・。でも、こんな花がポツンと咲いていました、名前は忘れました。
画像

バスは普通乗用車1台しか通れないような山道を登っていきました。
江戸屋山道でクルマは一方通行です。
この道の両側は高山植物のお花畑だそうです。バスから降り、しばらく歩き、またバスに拾ってもらう方式のようです。今は当然、花などはありません。
1台目のバスは「2泊3日ツアー」のバスです、同じようなコースで走っていましたが、翌日、利尻を見ずして稚内に向かわれました・・。
画像

そして岬の先端、スコトン岬。
画像

ここも「笑ってしまう」くらいの強風でした。
画像

左の少し色がついているのは「波の花」です。
「波の花」は能登の曽々木海岸が有名ですが、やはりこれくらいの強風が必要なのですね。
画像

こんな看板が・・、ただ宗谷岬が更に北で、この島の北端ということだそうです。
画像

昼食会場は湾の対面の「金田ノ岬」、とくに見るべきものはなく、何故にここまで来るのかと思いましたが、いろいろと事情があるのでしょう。
画像

ホテルに帰ると、こんな光景が・・キレイでした。正面は利尻島なのですけどね。
画像

ホテルの風呂はナトリウム温泉でした、ヌルヌルしていました。熊本の山鹿温泉の湯を思い出しました。
画像

紅葉は終わっていましたが、「蔦カエデ」がキレイでした、右です。
画像

これはハマナスでしょうか。利尻では咲き終わって赤い実をつけているのを、よく見ました。
画像

この花は知りません。
画像

ホテルに帰ったのが13時すぎ、考えた末、「桃岩展望台」ウォーキングにチャレンジすることにしました、行ってよかったです、その記事は次号で・・。

"礼文島観光  -1433" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント