飯縄権現での夕日・・  -1588

画像

この写真、面白いですよね。

住んでいる近くに飯縄権現があります。高台にあり、津久井湖や丹沢の山並みが見渡せる、いいところです。
神木となっている「すじだい」は、過去に落雷にあって、やや情けない姿になっています。

根元あたりは空洞になっていますが、痩せた細い幹で、今も木を支えています、立派です。
ところで、この写真は、どういう時に撮ったのでしょうね。

前に撮ったものですから、どんな状況だったのか全く覚えていません。
真横から太陽が差し込んでいるようにも思えますが、向うには丹沢があります、真横に太陽があるわけはないです。

津久井湖に反射した太陽かとも思いましたが、木の周りの太陽の影を見ますと、それはないでしょう。
ブツブツとひとりごちながら写真を見ていますと、色々な感興が湧き上がってきて楽しいです。

いずれにしても、ここの「すだじい」は、「神木」ならではの雰囲気もあり、姿がステキで大好きです。

ps)ブログの記事掲載は一週間、お休みします。

"飯縄権現での夕日・・  -1588" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント