水道道  -1631

利根川水系のダム貯水量が減少していて、取水制限が実施されたとのこと。
最近は、水不足のニュースは、あまりなかったですけど・・。

神奈川県に何十年も住んでいますが、こちらでは「給水制限」なんて、これまで一度も聞いたことがありません。
東京都の対策は、何か「抜け」があるように思ってしまいます。日本の首都ですから、万全を期してもらいたいものです。

先日のブラタモリで横浜が取り上げられていましたが、その中に「水道道(すいどうみち)」が出てきました。

県北部から横浜へ水を送る「水道路」が造られたのは、実に明治時代のことです。
以前にも書きました。ご興味あれば ⇒ 水道物語~横浜水道~-130 クリック

下の写真には相模川から取水となっています、建設当初はそうでしたが、現在は相模川の支流である道志川から取水されています。
画像

水道管が道路の下に敷設されている場合もあり、水道道と呼ばれたりしています。重量の重い車両は通行禁止になっていたりします。
画像

上が緑道になっていたりすることもあります、昔、勤務していた事業所のグランドの下も通っていました。
私の住まいの近くにある水道道です、この下を向うの方に水道管が走っています。↓
画像

高低差がある長い距離ですので、さまざまに工夫して水を送っているようです。(テレビから)
画像

画像

横浜の野毛山が終点です。
画像

画像

外国人の指導のもとでの工事だったようですが、明治時代によくぞ造ったものだと思います。

"水道道  -1631" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント