忍者  -1642

画像

このところ新聞やテレビに「忍者」がよく登場します。
忍者というと私にも、「古い」思い出があります。

何十年か前、通学していた高校に「忍者」という人がやってきました。
こういうことへの対応には鷹揚な高校でしたので、「こういう人が来ていて実演があるので、放課後、希望者は体育館に集まれ」との校内放送がありました。

数百人の生徒が集まっていました、観覧料は何十円かでした。
いろいろなことをやってくれましたが、今も記憶に残っているのは二つです。

・右手で、比較的大きな石を、叩き割りました。その手はハンマーのように固く盛り上がっていました。
・これがスゴカッタのですが、何名かの生徒に、檀上の黒板に数字を沢山書かせました。「自分の目はカメラのようなもので、一瞬で焼き付けられる」とのこと、

確かに、延々と続く数字を全く間違えることなく口にしました。
今の時代なら何とでもインチキできるように思いますが、当時では、それは考えられません。手品で似たようなものはあったと思いますが、そんな雰囲気ではありませんでした。

テレビで、中国での「暗記力大会」の番組をみたことがあります、これも想像を絶する暗記力でした。かっての「忍者」も、そんな能力を持っていたのだろうと、今も固く信じています。

高校での、その「忍者講座」の前座で、何人かの生徒が「記憶力」にチャレンジしました。
一人の生徒は、三十桁近く(以上・・?)を記憶していて、これには驚きました。

後年、全国高校生クイズで全国優勝したことがある高校でしたので、一部の生徒には、そういった能力があったのかも知れません。
私に、あの忍者のような記憶力があれば、もう少し順風満帆な人生を歩めたかもしれません・・が、これは仕方ありません。

「真田丸」に忍者らしき者は佐助しか登場しませんが、もう少し出てきてもいいのでは・・と思っているのですが・・。
画像

先日の新聞にも、こんな記事がありました。伊賀や甲賀などを訪れる外国人は多いそうです。日本観光の有力なソフトパワーにもなりますよね、こういうのをドンドン進めていけばいい・・と思います。
画像

"忍者  -1642" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント