大相撲の桝席 -2087

国技館で、大相撲の観戦はしたことがありませんが、基本的に、あらゆる場所が「密」ですからコロナ下では、最大級の注意が肝要だと思います。

かって「桝席は1名」という時期がありました。なんとも寂しい光景でした。
相撲桝席.JPG
その後2人に緩和されましたが、やはり何となく寂しい風景です。でも「二人分を使って」足を伸ばせますから、観戦するほうとしては楽です。
IMG_6866.JPG
桝席に定員の4名が座るとかなり窮屈ですから、今後は「定員3名」で定着されたほうがいいように思います。

かって「国技館第九」の時、何回か桝席で歌って、しみじみと思った感想です。第九の第一楽章から第三楽章までは座ってオケを聴くわけですが、5000人の観客の目がありますから、そんなにリラックスした態度もとれませんので・・、かなり苦痛でした。
2010国技館第九0.jpg
桝席3名になった時は楽ちんで、気持ちよく歌えました。

ところで今場所は、トンデモナイことになっていますね。
多数の休場者、横綱不在、大関の不甲斐ない成績、これでは「どうしようもない」ですね。

二人の横綱には、厳しい「お仕置き」があるのでしょうか。自らが進退を決められたほうが「いい」と思いますけどね。
異国育ちの方ですから、「引き際はキレイに」の感覚はないのでしょうか・・。

"大相撲の桝席 -2087" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント