テーマ:クリント・イーストウッド

映画「運び屋」 -1908

年齢が年齢ですから、多分、クリント・イーストウッドの最後の監督・主演作品となるでしょう。 それにしても工夫のない、実にダサいタイトルです。あえて、そうしたのかもしれませんが。 イーストウッドは高級百合の栽培業者で、外ずらはいいのですが、娘の結婚式も忘れるほどの家庭を顧みない男です。 インターネット社会に乗り遅れたらしく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「インビクタス」  -761-

副題は「負けざる者たち」とあります。インビクタスとは「不屈の精神」といった意味だそうです。 監督はクリント・イーストウッド、この監督作品は、必ず観ることにしています。 主演はモーガン・フリーマン、準主役はマット・デイモンです、いいですね・・。 ところは南アフリカ、1994年、あのマンデラ大統領が初めての黒人大統領として誕生…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

映画「グラン・トリノ」  -617-

クリント・イーストウッド監督・主演の映画は、必ず観ることにしています。 前作は4年前の「ミリオンダラー・ベイビー」・・、アカデミー作品賞でしたね。 今回の作品は、残念ながら、そのレベルには・・。 「グラン・トリノ」とは、フォードの「かっての名車」です。昔、フォードで働いていたイーストウッドは、手入れをかかさず磨き上げて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more