テーマ:大河ドラマ

維新ふるさと館 -1934

指宿での宿は、名旅館の雰囲気で満足しましたが、<鹿児島~指宿>のバス往復時間は、私にとっては、多少「モッタイナイ」時間だったと思います。 ツアー会社は旅館の雰囲気とともに、「砂蒸し風呂」に入らせたかったのでしょうね・・きっと。 以前、「指宿いわさきホテル」に泊まったことがあります、懐石料理はとても素晴らしかったです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

直虎 -1791

NHK大河ドラマの「直虎」が先日終了しました。 多少「面白くなくても」大河ドラマは、毎年、観ています。贅沢な出演者のギャラの総額は、かなりの額でしょう。受信料を払っている身としては観ないわけにはいきません。(つくづくケチな性格だとは思いますが・・) 勿論、それだけではなく歴史大好きで、著名な歴史上の人物の物語には興味が尽…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

花燃ゆ  -1574

今年の大河ドラマは、私には衝撃的でした。 幕末の物語は、ダイナミックで面白いです。有名な人も多く、私は少なくとも全て名前くらいは知っていると思っていました。 ところが今回の主人公の2人(楫取素彦・美和子)については、その生きざまどころか、名前も、その存在も全く知りませんでした。 前半の長州の物語に出てくる「維新の立役者…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

利休  -1437

大河ドラマで秀吉が死んでしまいました。 今回の「軍師官兵衛」の登場人物は、オーソドックスな描き方でしたね。 「わがままで剛直」な信長、「ハチャメチャで滑稽」な秀吉、「漢方薬大好きの狸おやじ」家康、「誰からも人望は得られない」三成、その意味で分かりやすいドラマでした。 官兵衛は、なんとなく実態がよく分からない人物ですが、「こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津戦争  -1262

今年の大河は、殆ど無名の女性が主人公で、でも幕末の著名人が周囲を取り巻いている・・、こういう大河ドラマは初めてではないでしょうか、とても興味深いです。 昨日の「八重の桜」は、会津戦争での「クライマックス」といっていい場面が描かれていました。若松城の攻防、白虎隊の死、西郷頼母の親族の自決・・、何とも可哀そうな場面が続きました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

龍馬伝  -899-

このドラマ・・終わってしまいましたね、なかなか面白かったです。 いくら何でも「それは・・ないだろう」というところも、多々ありましたけど・・ドラマですから、まずは楽しく・・。 ただ最終回の作り方には・・かなり疑問を持ちました。そもそも「全く」楽しくなかったです。好評だった「大河ドラマ」の集大成ということで「パーッと」終わって欲しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天璋院篤姫」  -552-

「篤姫」が終わりました、最後まで高視聴率だったようです。 大河ドラマでは珍しく、多くの若い人が観たとか・・、確かに、なかなか面白いドラマだったと思います。 どうして「面白かった」のかナ・・と考えるのですが・・。意外な人物に焦点を当てたこと。ドラマが展開する場面が、幕末の「大奥」などで、珍しかったこと。ドンパチがなく、家族の情…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more