テーマ:

天橋立 -1898

京都で学生時代を過ごしましたので「天橋立」の名前は身近でしたが、訪れる機会はありませんでした。 天下の名勝です、今回初めて訪れましたが、「なるほど」と思う景色でした、他にないですよね。 私が行ったのは「天橋立ビューランド」で、リフトで上りました。 展望がいいところでした、当然「股のぞき」もしました。この「股のぞき」の研…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

三方五湖 -1896

昨年、年が押し迫った頃に行った「復興割」ツアーのことを、ボチボチ書こうと思います。 断続的になると思いますが、ひっくるめた「表題」としては「天橋立ツアー」と呼ぶことにします。 バスは米原を出発して、天橋立に向けて一路、琵琶湖東岸を走りました。 実は、この辺り、私は行きたいのに、行けてない場所です。 小谷城跡、賤ケ岳古戦場…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「復興割」の格安ツアー -1894

「復興割」という言葉、ご存知じですか。 自然災害で痛めつけられた地域への支援策は、いくつもあると思います。 減ってしまった観光客を「呼び戻そう」として、その地域へのツアー料金に補助金がつけられるのが、「復興割」です。 昨年、参加したツアーは、元々、比較的「低廉なツアー」だったようですが、それに12000円/人、という補助が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東名・中央 -1889

浜名湖旅関連の記事は、これで終了です。 身内の不幸の連鎖があり、一昨年・昨年と、郷里に何回かクルマで往復しました。私はクルマの運転は好きではなく、しかも片道12時間です、交代で運転するにしても苦痛ですが、仕方ありませんでした。 郷里に帰る時は、東名経由でも中央経由でも、見事なまでに走行距離は同じですが、いつも何となく中央高速…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

竜ヶ岩洞 -1888

浜名湖の近くに、鍾乳洞があるなんて、全く知りませんでした。 「りゅうがしどう」と読むらしいです、「りょう」といったり「りゅう」といったり日本語は面倒くさいです。 ホテルにリーフレットが置いてあり行ったのですが、駐車場は広く、思いがけないくらい沢山の観光客がおられました。 このチケットにも「直虎」の文字があります。歌手は一曲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

龍潭寺 -1887

「りょうたんじ」といいますが、彦根にもあります。 いずれも井伊家の菩提寺です。 何年前に彦根に三泊しましたが、台風の直撃を受けて、彦根の龍潭寺への参拝はかなわず残念な思いをしました。 昨年、浜名湖で泊まりました、この地にも龍潭寺があるのは知っていました。ホテルに置いてあったリーフレットをみると、意外と近くにあることが分かり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花火 -1886

この時期、花火の話題は・・どうかなと思いますけど。 昨年、浜名湖の舘山寺温泉に行った時、湖上花火がありました。 右上が打ち上げ場所の小舟です。 毎夜実施されるという、観光客向けの小さな小さな花火大会でした。ただ部屋から眺めるという風情は、よかったですね。 ホボ部屋の高さで開きました。横から見る花火も一興です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浜名湖の風景 -1883

数か月前、浜名湖に家族旅行した時の記事を書き始めました。 その後、突然に思いついた北海道紅葉ツアーのほうがタイムリーな記事になると思い、浜名湖のことは中断しました。 いくつか書きたいことが残っていますので、再開させていただきます。 ホテルの窓からの風景です、このあたりは奥浜名湖といわれているそうですが、実に頻繁に船が走って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道 ワハハ -1877

時間つぶしで、網走の街を歩いていたところ、こんな看板がありました、そのセンスのよさ(?)に笑ってしまいました。 楽しい院長先生なのでしょう。 「空気を抜きます」という表示は、タマに見かけますが「注射」とは・・、怒られたら、少し斜めに刺されることもあるのかもしれません・・それは痛そうです。 「駐車」と「注射」が並んでいるのも面白…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

知床半島クルーズ -1875

北海道の紅葉が、一番の目的のツアーでしたが、ツアー後半の目玉は、やはり「知床」でした。 ウトロ港から出港する、ここでのクルーズ乗船体験は2回目でした。 10年前は大型船のオーロラ号(?)でした、船を追っかけるカモメが楽しく、カッパエビセンを空中に「放り投げて」の「その絶妙なキャッチ」、それは楽しかったです。 ところが「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

知床五湖  -1874

知床五湖は二回目ですが、何かと思い出深い地です。 50年前とは、周囲の雰囲気は全く違っていました、年月を経ると・・当然そういうことだろうな、と思いました。 50年前は、バス停があったきりで建物など何もありませんでした。 その時は、「一湖」をノンビリと一周しました、5月の降雪の中で寒かったのと水芭蕉が咲いてたのを覚えています。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

カラフトマス  -1872

ウトロで泊まったホテルの横に、小さな川がありました。 この川でも「サケ・マスの遡上」があると、昨夕バスガイドが言っていましたが、「本当に・・?」という気持ちでした。 翌朝オロンコ岩に行く前に、部屋のベランダから見下ろすと、川面が微妙にうごめいていました。 サケかと思いましたが、どうも姿が違っていて、後で聞いたらカラフトマス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オロンコ岩 -1870

知床ウトロ港にそびえている巨岩で、実に印象的です。 10年前に来た時、いつか登ってみたいと思いました。今、北海道・東北を走っているNHK「自転車こころ旅」にも、この岩の風景が登場しましたので、更にその思いは強くなりました。 泊まったホテルのベランダからの写真です、岩の左のほうに急な階段があります、そこを上がります。 反…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

知床ウトロの夕日 -1869

北海道での日の出は豪快だと聞いていました。10年前、尾岱沼(おだいとう)で泊まったホテルには、有名な四角形で昇る朝日のポスターが貼ってありました。 その翌日の日の出は、4時前だったと思いますが、残念ながら四角形ではありませんでした。 今回ツアーでも「北海道の日の出」は、かすかに期待していましたが、曇天で、それはかないませんでした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釧路湿原 -1868

「釧路湿原」という名称には「旅情」をかきたれ、ある種の気持ちをくすぐられる媚薬の雰囲気を感じます。 私は2回目ですが、前の時は丘からの展望でした、「広さ」を実感できず、正直「こんなものか」と思いました。 今回は、その湿原を身近に横切る鉄路からの観光というのですから、「大」「大」期待をしておりました。 釧網本線の一部の区間を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

釧路 -1865

「気候」という面では、釧路は北海道の中では、何かか異分子のような地域のようです。 地形的に、どのような理由があるかは分かりませんが、北海道らしからぬ天気予報を見ていて、いつも興味深く感じています。 釧路に来たのは2回目です、この日のツアー昼食は「炉端焼き店(牡蠣・ホタテ・サンマ)」でした、こういう網焼きの昼食は初めてでした、ツア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

阿寒国際ツルセンター -1864

ここの施設の名称には少し違和感がありました、「国際」というのは少しオーバーでは・・ ? 世界中に、このような施設は「ここだけ」という矜持なのでしょうね。 ツアーの日程表には「道の駅阿寒丹頂の里」とありましたので、インターネットで調べたら、かなり規模の大きい「道の駅」だと分かりました。 ところが実際に立ち寄った施設は、ここでした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阿寒湖畔のボッケ -1863

温泉街に続く散策路が整備されています。早朝は左岸方向に歩きましたが、朝食後は右岸方向です。 阿寒湖をみながらの森林浴です。 ところどころで湯気が噴出しています。 この散策路の先に「ボッケ」があります。 温泉地の地獄谷かなにかで見る光景ですね。 ここは湖畔で、しかも森に囲まれています、こういう雰囲気の場所は珍しい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早朝の阿寒湖散歩 -1861

50年前に通った阿寒湖に向かう道は、ペンケトー・パンケトーなども見える高原道路でとても快適な道でした。 途中眠気に襲われましたが、北海道でも気に入った道として記憶に残っています。 期待していたのですが、今回の阿寒湖へのルートは、少々味気ない全く別の道でした。 少し残念な気持ちで阿寒湖に着きました、この温泉地に宿泊するのは初めて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

能取湖 -1860

これだけのサンゴ草が見れるところは、そんなにないそうです。 正直あまり期待していませんでしたのでガッカリもしませんでしたが、もっと広い範囲かとは思っていました。 こういうのを撮る時は、低いアングルがいいですね、そう思って後からパンフレットを見ましたら、みんな、そうなっていました。 少し歩ける木道が造ってありました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「有名な北海道のコンビニ」  -1858

あの有名な「セブンイレブン」の存在は知っていましたが、こんなところにあるとは知りませんでした。 それは層雲峡で泊まったホテルの真ん前にありました。 セブンイレブンのCMに、雪の中の店舗の映像が出てくるものがありましたが、この時に泊まったホテルの上階から撮ったものだと思います。 そうです高梨沙羅さんの実家がオーナーの店です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

層雲峡の滝 -1857

層雲峡の二つの滝は本当に名瀑だと思います。 右手にあるのが、流星の滝。 紅葉が進んでいたら、さぞかしの風景でしょう。 ところどころには紅葉も始まっていました。 いろいろなところから流れ込んでいるようで、山間部としては水量の多い川でした。 銀河の滝、こちらは更に見ごたえがあります。 二つの滝は旧…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

層雲峡・黒岳 -1856

層雲峡の黒岳は本当に懐かしいです。 泊まったホテルのレストランは「マッターホルン」と名づけられていましたが、山頂部分の形がそれを想像させるからなのでしょう。 部屋の窓からは正面に大きな岩峰がのぞめました。 左下の建物が何かは次次号で種明かしします。 翌朝の日の出、ロープウェイは6時から運転しているようですが、こう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭岳 -1855

旭川からの道路が「右」に分かれる天人峡には50年前の5月に行ったことがあります。 一部、凍結した羽衣の滝↓は見事でした。 今回の旭岳への道は「左」です。曇り空なので「映えない紅葉」だろうとは覚悟しました。でもこの地は「期待いっぱい」の地でした。 予告編でも書きましたが、日本で一番最初に紅葉する旭岳でしたが、少し早かったようです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道の紅葉  -1853

浜名湖小旅行の記事を書き始めましたが、このほど北海道の紅葉を愛でてきましたので、北海道の記事を割り込ませていただきます。 北海道は何度も訪ねていますが、「その紅葉」は見たことがありませんでした。「憬れいっぱい」でしたが、今回やっと実現して行ってきました。 ただ「紅葉」ということでは、全般的に少し早かったようです、残念でしたが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

舘山寺 -1852

舘山寺温泉には、何十年も前に職場旅行で、一度泊まったことがあります。 ただ全くと言っていいほど記憶が残っていません。「三ケ日みかん」のミカン狩りをしたでしょうか・・、どこかの古刹に行った(今回訪ねた龍潭寺だったようにも思いますが・・)かすかな記憶がありますが、定かではないです。 要するに温泉に入った後の「大宴会」が目的の旅だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

浜名湖のうなぎ -1851

旅の初日の夕食は「それなりの内容」になるハズなので、昼食は食べなくてもいいかな・・とも思っていました。 それも、なんか貧乏くさくもあり、舘山寺温泉界隈の蕎麦屋に入りました、 「うなぎを食べたい」と、こだわるメンバーがいましたので、メニューにあった「小うなぎ飯付き」をオーダーしました。 そもそも蕎麦屋が、こんなメニューを出す…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

いい旅館  -1850

家族で小旅行をしてきました。 最近は「ツアー」でも、結構いい旅館・ホテルに泊まれることが多いですが、「個人旅行」で「いいホテル」に泊まったのは久方ぶりでした。 それなりの宿泊料金なので当然ですが、食事は満足でした。 メニューに「たまごふわふわ」とあります、黄色いものが入った鍋で、地元名物にしたい料理のようです。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

明石公園 -1823

昨年、「関西の城」シリーズを書いていましたが、諸般の事情で二つ残ってしまいました、その一つは「明石城」です。 天守閣などはありませんが、駅から仰ぎ見る二つの櫓(やぐら)が印象的です。 これはJRのホームからの写真です。 学生時代、鳥取県の実家に帰省する時、山陽新幹線はなく在来線に乗っていました。車中から見る二つの櫓は、とて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪景色 -1816

ソメイヨシノも散る頃となってきました。 先月の厳冬期に出かけた冬ツアーの最終記事です。 冬の東北も見てみたいと、でかけたツアーでしたが、こんなツアーに参加したのは初めてでした。 今年のこの時期、天候が大荒れの予報でしたが、事実、出かけたこの日、福井県などには雪害があったようでした。 新潟駅で乗り換える予定だった列車が運休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more